トップ > 賛助会員|寄付金
賛助会員|寄付金

 

令和3年度寄付者(社)ご芳名
一般寄付
㈱サイニチホールディングス 埼玉県信用金庫協会
賛助会:法人会員
埼玉縣信用金庫 埼玉県野球連盟 (公財)新座市スポーツ協会
埼玉県グランド・ゴルフ協会 埼玉県ソフトテニス連盟 埼玉県柔道連盟
埼玉県テニス協会 埼玉県スケート連盟 (一財)埼玉陸上競技協会
吉見町スポーツ協会 ㈱丸幸 白岡市体育協会
嵐山町スポーツ協会 深谷市体育協会 学校法人後藤学園武蔵丘短期大学
㈱サイニチホールディングス (公財)さいたま市スポーツ協会 ㈱アールはっとりはりきゅう接骨院
㈱埼玉新聞社 ㈱サイオー 小川町スポーツ協会
埼玉県空手道連盟 (公財)草加市スポーツ協会 滑川町スポーツ協会
東松山市スポーツ協会 (公財)埼玉県剣道連盟 埼玉県なぎなた連盟
(公財)川口市スポーツ協会 埼玉県弓道連盟 (公財)熊谷市スポーツ協会
北本市スポーツ協会 戸田市体育協会 (一社)埼玉県バスケットボール協会
㈱埼玉スポーツ 大蔵屋商事株式会社 越谷市体育協会
    他3団体
賛助会:個人会員
山下誠二 浅見茂 油井正幸 並木克広 山下晴海 藤本泰宏
山下征 野中常七郎 野澤誠一 保科征男 大保木輝雄 小原敏彦
永井一博 野口英夫 中田次夫 内田秀男 今中隆雄 田中稔
和泉洋 藤沼貞夫 岩崎文雄 棚沢絹江 青葉元由紀 中田善雄
村山和弘 中山和義 田村和夫 上羅廣 森田進一 小山吉男
永嶋龍次 河本弘 増田優 前之園晴廣 小林伸子 帆足光代
尾﨑豊 田中靖男 新井彰 本橋民夫 髙橋順一 柿原順子
山下實 宮内孝知 松原誠 石倉昭一 石田明男 北清治
谷古宇勘司 三戸一嘉 岡田謙司 堀部武男 数野裕之 靑葉昌幸
福田和仁 林一夫 宮下達也     他4名

以上、令和3年7月15日現在=敬称省略 

 

スポーツ振興に関する寄付金趣意書

拝啓 時下益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。
平素より、公益財団法人埼玉県スポーツ協会(以下、「本会」という)に対し格別のご支援・ご協力を賜りありがとうございます。厚く御礼申し上げます。
さて、本会は、法人の信頼性を保証する認定基準(※1)により、公益法人として一層の重責がますなか、本会キャッチフレーズ「まず参加楽しくスポーツみんなが主役」を合言葉に、スポーツを通じて、埼玉県における体育・スポーツを振興し、県民の体力の増進とスポーツ精神の高揚を図り、もって県民生活の向上発展に寄与するため、日々スポーツ振興事業の普及・発展に取組んでおります。
スポーツ活動の充実は青少年の健全育成だけでなく、健康の維持増進、高齢者の介護予防に貢献するほか、家族の絆を強くし、友情を育み、感動を体感し、礼節を学び、地域社会の連帯感の醸成や活性化を促します。
とりわけ、次代を担うジュニア・ユース年代のスポーツ活動の充実は、活力溢れる郷土埼玉や「スポーツ王国埼玉」づくりに最も重要かつ不可欠と確信し、取り組んでおります。
この度お願い申し上げます寄付金は、公益法人の活動を支えていくために設けられた税制上の優遇措置(※2)を活用するものです。
本会では、一般寄付と併せて、継続的で且つ使用目的を定めた賛助会員制度を制定し、自主財源の確保に努めております。
何卒、経済状況の大変厳しい時でありますが、趣旨にご賛同頂きご協力を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

※1:公益社団法人及び公益財団法人の認定等に関する法律(第5条)
・公益に資する活動をしているかという「公益性」の基準
・公益目的事業を行う能力・体制があるかという「ガバナンス」の基準
※2:本会への寄附に関する税法令
・所得税法、所得税法施行令
・租税特別措置法、租税特別措置法施行令
・法人税法、法人税法施行令

 

 

◎賛助会費は、ジュニアの育成・強化に使用します。(平成25年第一回理事会)

(1) 法人会員 年額1口 10,000円~
(2) 個人会員 年額1口  5,000円~

 

会員の皆様には(特典)

(1)本会季刊誌「スポーツ埼玉」)の提供(年4回)
(2)ホームページや季刊誌への会員名簿の掲載等

 

■本件に関する申込・問合せ先

〒362-0031 上尾市東町三丁目1679番地 スポーツ総合センター内
公益財団法人埼玉県スポーツ協会 賛助会担当(栗原)
TEL:048-779-5895 FAX:048-774-5550
お問い合わせはこちら